診療のご案内

皆さまの声

大滝町乳腺・消化器クリニックモバイルサイト

大滝町乳腺消化器内科クリニックモバイル

乳腺外科

乳腺外科では、乳房に関するさまざまな症状(しこり、痛み、分泌など)に対しての診断と治療を行います。自己判断や周りの情報に惑わされることなく、以下のような症状がある方はお気軽にご相談下さい。

  •  乳房に「しこり」を触れる
  •  腕を挙げたとき、乳房に「えくぼ」「ひきつれ」がある
  •  乳首からの分泌(レンガ色)がある
  •  乳首にびらんやただれを認める
  •  乳房全体が赤く腫れていたり、乳房に潰瘍ができて治らない
  •  わきの下のしこり(硬いリンパ節)などを触れる

乳房の仕組み

乳房の仕組み

乳房は、出産時に乳汁を分泌する大切な役割をもつ皮膚の付属器官です。その中には「乳腺」と呼ばれる腺組織と脂肪組織、血管、神経などが存在しています。
乳腺組織は、15~20の「腺葉」に分かれ、さらに各腺葉は多数の「小葉」に枝分かれしています。

小葉は乳汁を分泌する小さな「腺房」が集まってできています。 各腺葉からは乳管が出ていて、小葉や腺房と連絡し合いながら、最終的に主乳管となって乳頭(乳首)に達します。

乳がんとは乳房の中にある乳腺にできるがんです。

乳がんはこの乳腺を構成している乳管や小葉の内腔(内がわ)を裏打ちしている上皮細胞から発生します。

がん細胞が乳管や小葉の中にとどまっているものを「非浸潤がん」あるいは「乳管内がん」、乳管や小葉を包む基底膜を破って外に出ているものを 「浸潤がん」といいます。浸潤がんでは、周囲の組織に染み込むように広がり破壊する性質があります。
一方、「非浸潤がん」は乳管外に浸潤せず、乳管の中に留まっています。そのため、遠隔転移を起こさない、おとなしいがんともいえます。

当院ではマンモグラフィと入念な超音波検査を中心にきめ細かい診察を行い的確に乳がんを診断します。

 

>>  乳がん検診はこちら

乳腺症

乳腺症は30~40歳代の女性に多くみられる乳腺の良性疾患です。
主な症状としては硬結、疼痛(乳房痛)、異常乳頭分泌が挙げられます。
乳腺症には、主として卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンというホルモンがかかわっており、閉経後に卵巣機能が低下するとこれらの症状は自然に消失します。
硬結は片側あるいは両側の乳房に大きさが不揃いの平らで硬いしこりとして触れることが多く、月経前に増大し、月経後に縮小します。硬結部は何もしないでも痛むか、押さえると痛むことが多く、この痛みも月経周期と連動します。
乳腺症に伴う異常乳頭分泌の性状はサラッとした水のような漿液性、乳汁性あるいは血性などさまざまです。漿液性あるいは、乳汁性の場合はほとんど問題ありません。血性乳頭分泌がみられた場合には、乳腺の良性疾患の一種である乳管過形成や乳頭腫である頻度が高いですが、乳がんが隠れている可能性もあるので詳細な検査が必要になります。月経周期と連動するしこりや痛みはあまり心配する必要はありませんが、月経周期に関係のないしこりに気づいたら当院を受診してください。

乳腺炎

乳腺炎とは乳汁のうっ滞(滞り)や細菌感染によって起こる乳房の炎症で、赤く腫れたり、痛み、うみ、しこりなどがみられます。特に授乳期には母乳が乳房内にたまり炎症を起こす、うっ滞性乳腺炎が多くみられます。乳頭から細菌が侵入すると、化膿性乳腺炎となって、うみが出るようになります。症状を改善させるために、皮膚を切開してうみを出しやすくする処置が行われることがあります。一方、授乳期以外に、乳房の広い範囲に乳腺炎が起こることもあります。原因はよくわかっていませんが、乳房の中にたまった分泌液にリンパ球などが反応してできるのではないかと考えられています。
また、乳輪下にうみがたまることがあります(乳輪下膿瘍といいます)。これは陥没乳頭の人に起こりやすく、治りにくい乳腺炎でときに手術が必要になる場合があります。これらの乳腺炎は乳がん発症とは直接関係ありません。ただし、痛みがないのに乳房が腫れる場合は、まれに炎症性の乳がんであることもありますので、早めに当院の受診をおすすめします。

乳腺線維腺腫

乳腺線維腺腫とは乳房の良性腫瘍で、10歳代後半から40歳代の閉経前の女性に多く起こります。
ころころとしたしこりで、触ってみるとよく動きます。マンモグラフィや超音波検査などの画像検査や針生検で線維腺腫と診断されれば、特別な治療は必要なく、乳がん発症とはあまり関係ありません。

葉状腫瘍

初期のものは線維腺腫に似ているものの、急に大きくなるのが特徴です。ほとんど良性ですが、なかには良性と悪性のボーダーライン上のものもあり、再発を繰り返すうちに悪性化する場合もあります。

ページトップへ

セカンドオピニオンに対応いたします

セカンドオピニオンを聞くことによって、診断、治療、検査などさまざまな状況で、患者さん自身が自分の診療を正しく理解し、十分に納得することができるため、安心して診療を受けることができるでしょう。

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンを直訳すると「第2の意見」です。
つまり、担当医の意見が第1の意見であるのに対し、他の医師の意見をセカンドオピニオンと呼びます。セカンドオピニオンを聞くことは、担当医から提示された診療内容を信じないとか、担当医を見限る、あるいは他の医療機関に移ることを意味するものではありません。

しかし、他の病院でなければ自分が納得する医療を受けられない場合には、病院を移ることになるでしょう。

セカンドオピニオンを聞くのは、
①乳がんという診断を確認したい場合、
②初期治療を受ける際、手術、放射線療法、術前化学療法、術後化学療法など、どのような選択肢があるかを知りたい場合、
③転移・再発したときに、治療法や使用できる薬剤の種類などを知りたい場合、
などがあります。

セカンドオピニオンを聞きに行ったほうがよいとき

すべての患者さんがセカンドオピニオンを聞きに行ったほうがよいわけではありません。
担当医の説明を聞き、自分で納得できればそれで十分である場合も多いでしょう。乳がん診療を専門とする医療機関の多くは、グループ診療を行っており、一人ひとりの患者さんの診療方針をよく話し合い、標準治療を提供しています。

しかし、そうであっても他の医師の意見も聞いてみたいとき、説明が理解できない、納得できない、というようなときや、医師からの一方的な説明を受け、十分に考えることができなかったときなどには遠慮なく、セカンドオピニオンを聞きに行きたい、と担当医に申し出て下さい。

セカンドオピニオンの手順

ステップ1:現在の担当医に診療情報提供書(紹介状)などの資料の準備を依頼する

診断についてのセカンドオピニオンを聞く場合、どのような検査に基づいて診断されたのか、治療に関する場合には、どのような検査結果(乳がんの性質、ステージ、経過、病状など)に基づき、どのような治療が提案されているのか、転移・再発であれば、それまでの治療内容を、セカンドオピニオンを提供する医師に正しく伝える必要があり、担当医に「診療情報提供書」の作成を依頼する必要があります。診療情報提供書の作成を依頼できないような場合、あなたご自身で正しく説明することができれば、必ずしも診療情報提供書はなくてもセカンドオピニオンを聞くことはできます。

ステップ2:セカンドオピニオンを提供してくれる医療機関を探す

セカンドオピニオンを提供している医療機関は、系統立って表示されるなどの取り決めはありません。
インターネットで探す、患者団体の相談窓口に聞いてみる、担当医、看護師に聞いてみるなど、いろいろな方策を試みてください。

ステップ3:セカンドオピニオン外来を受診する

予約が必要な場合が多いです。
一人で受診するよりも聞き洩らしを少なくできますし、緊張もほぐれますから、家族、友人などに同行してもらうのがよいでしょう。限られた時間に効率よく質問するために知りたいことを3項目程度、箇条書きにしておくとよいでしょう。できれば、セカンドオピニオンを提供した医師から担当医宛に情報提供書を書いてもらうのがよいでしょう。

ステップ4:元の担当医の外来を受診する

担当医の外来を受診し、セカンドオピニオンを聞いたうえでの、あなたの気持ちを伝えるとよいでしょう。そこでは、セカンドオピニオン内容を担当医と一緒に吟味して、今後の診療に役立てる場合もあるでしょう。
もし、あなたが転院あるいは転医を希望する場合には、その旨を担当医に伝えてください。

セカンドオピニオンの費用

セカンドオピニオンの費用

医療機関によっては、保険診療で実施しているところもあります。しかし、セカンドオピニオン提供は30分~1時間程度かかりますので、保険外診療として独自の料金を設定しているところも多いです。事前に確認しておくのがよいでしょう。

 

セカンドオピニオンの注意点

セカンドオピニオンの注意点

自分の病気に関して正しい情報を得ることは大切です。そして、正しい診断あるいは標準治療を理解して、最善の医療を受けることが大切です。

ところが、自分の気に入った意見をいってくれる医師に出会うまで、何カ所もの医療機関を受診する患者さんがいます。このことをドクターショッピングといいます。例えば、抗がん剤は受けたくないと思っていても、抗がん剤を行ったほうがよりよい経過をもたらす場合、抗がん剤治療の専門家から、効果と副作用のバランスについて正確な情報を得ることが大切です。
そのうえでどのような治療を選択するか、最終的には自分自身で決定しなくてはなりません。

ページトップへ