診療のご案内

皆さまの声

大滝町乳腺・消化器クリニックモバイルサイト

大滝町乳腺消化器内科クリニックモバイル

外科

外科について

外科について

切り傷や熱傷などの外傷、皮膚や皮下に腫瘤を形成する粉瘤やイボなどの皮膚疾患の治療を行っています。また痔核、裂肛などの肛門疾患については症状にあわせた柔軟な治療を提供します。

 

肛門疾患

肛門疾患

痔のなかで最も多いのが痔核です。
症状としては出血、痛み、肛門のかゆみ、残便感などがあります。部位の特性から、なかなか相談できずご本人だけで悩んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、直腸癌、肛門癌など重篤な病気が隠れていることもありますのでお気軽にご相談下さい。

 

痔 核

肛門付近の血流が悪くなり、うっ血し、さらに静脈がこぶ状に拡張したものが痔核です。
一般的には「いぼ痔」とも呼ばれています。症状は排便時に出血したり、肛門の周りにいぼのようなものができたりします。発生する場所により、内痔核と外痔核に分けられます。

裂肛(きれ痔)とは便秘などにより硬くなった便が無理に肛門を通過した場合などに、肛門の出口付近が切れる為に起こります。

ページトップへ